FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
近年は、支那や南朝鮮の横暴ぶりが顕著になっております。
平和な時代を維持するためにも、それに見合った対応策を採って行かねばなりません。
平和や豊かさは努力してこそ得られるものだからです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

    
            

支那に人質に取られた日本企業

2020/09/22
category - 経済編
コメント - 0
                         
あれほど言ったのに・・・。 
先の大戦後にも、日本は大陸に全ての財産を残して撤退せざるを得なかった。
今回も、それと同様の事が起きようとしている。

結局、アメリカの本気度を読み取ることが出来ず、利益追求に目が眩み、同時に国際慣行を平気で破る支那の本質を読み間違えた企業の自業自得だ。

スポンサーサイト



                                 
                                      
            

虎ノ門ニュース  9月22日(火)

2020/09/22
category - 政治編
コメント - 0
                         
本日は秋分の日ですね。 本日の虎ノ門ニュースは、百田尚樹氏と江崎道朗氏のご登場です。


【本日の話題一覧】
00:00:00 準備画面
00:02:30 番組開始
00:13:51 防衛費を2%に 米国防長官が日本など同盟諸国に要求
00:27:35 習氏 関係強化訴え 岸防衛相警戒 中国
00:34:39 日本企業1700社が中国撤退に向け行列作る
00:54:20 朝日サイト ジャパンライフ記事に虎ノ門メンバー写真
00:56:52 ジョンソン英首相「ファイブアイズ」日本参加に前向き
01:10:17 火曜特集「菅義偉新総理に提言!スパイ天国からの脱却を!」
                                 
                                      
            

ここがオカシイ

2020/09/22
category - 社会編
コメント - 0
                         
◎今般の特別給付金。
1人一律10万円は一応評価できるが、支那人留学生や南朝鮮人留学生など、反日を国是にしている様な連中にまで支給したという。
たとえ住民登録していたとしても日本国籍を有していない連中にまで支給するのはオカシイ。
更に、一番窮乏して助けを必要としているホームレスの人たちは受け取れないという。
橋の下でダンボール生活を送っている日本人よりも支那人朝鮮人様なのか?

◎不法滞在している支那人家族。
堂々とアパートで暮らし、車を所有し、職場に通っている連中が一杯居る。
野党や左翼メディアが反対しているお蔭で、アメリカと比べ、不法滞在・不法移民が野放しになっている。
この前なんぞ、タクシーを拾ったら、支那人ドライバーなのには驚いた。
2種免許の学科試験は日本語だろ?
読み書きも出来ない支那人がどうして乗務員になれるんだ?
不法滞在を根絶させる法案を強行採決であろうと可決し、1人残らず国外へ叩き出してもらいたい。

◎支那の人口が14億人と謂えども
共産党員や関連企業の関係者の人口は、その内の9000万人。
この9000万人が派手な生活を享受しているのであって、残りの大多数の人民が低所得生活を強いられているのが実相だ。
無論、ウイグル、チベット人も含まれる。
悲惨な彼等の血と涙で生産される格安商品で外貨を稼ぎ、ここまで大成長したのが支那経済の真実の姿だ。
万民皆で等しく分け合う共産主義が聞いて呆れる。

◎武漢肺炎ウイルスの大きさは1ミクロン
それに対して、マスクの細かな穴の大きさは100ミクロン。
つまり、ウイルスは筒抜けであって、無意味だということらしい。
敢えて効能を申せば、クシャミや咳の飛沫を拡散させない程度のことらしい。
国民こぞってマスクをしている集団圧力らしきものは、一体、何なんだ?

◎健全野党がいない
ここ数年を振り返ってみても、野党諸君はモリカケ・桜。と、重箱のスミをつつく様なことしかしていない。
国会議事堂裏にある衆参の議員会館は新しく建替えられ、その豪華さは言葉を失う程だ。
高額歳費、高額ボーナス、高額文書交通費、高額議員年金。
これだけの手厚い待遇を受ける資格が左翼偏向野党にあるのかと問いたい。
その生き様を何も知らない地方の有権者は、本当にお気の毒というものである。
我が国に欠けているものは、建設的な対案を常に与党に投げ掛けて国益を共に追求しようとする健全野党の存在である。

支那や南北朝鮮からの回し者みたいな野党の存在こそが、我が国政治が抱える最大の悲劇だ。
                                 
                                      
            

いい加減にガツンとやってやれ!

2020/09/22
category - 政治編
コメント - 0
                         
犬のしつけ方。 それは、上下関係をしっかりと分からせてやることにある。
そうしないと、ますます増長して吠え放題、やりたい放題な犬となって手が付けられなくなる。
あくまで人間様が何から何まで実力が上なのだから、ヘンな優しさは百害あって一利なしなのである。
その上下関係をはっきり相手に分からせた上で、優しく可愛がってあげれば良いのだ。

いまや増長しまくっている南北朝鮮に対しても同様である。
奴等の生意気さ加減も限界を超えた。
「誠に遺憾である」などと、生易しい声明を何べん言っても、相手は無知蒙昧な犬のような朝鮮人だ。

どの部分に於いても何枚もウワテである我々日本は、朝鮮に対して、いい加減、ガツンと喰らわしてやる時が来たのだ。
昨年のホワイト国外し同様、次から次へと鞭を叩き付けてやれば良い。
ビザの復活や輸出三品目の本格的輸出禁止措置、金融制裁など、泣かしてやることは幾らでもある。

武士道だとか惻隠の情だとかは、対等な相手に使うのであって、狂犬のような野蛮人相手には無意味なのだ。
戦後の今日までの悪逆非道ぶりを徹底的に謝罪させ、しっかりと賠償させようではないか。
優しくしてあげるのはその後からだ。
                                 
                                      
            

虎ノ門ニュース  9月21日(月)

2020/09/21
category - 政治編
コメント - 0
                         
本日の虎ノ門ニュースは、産経月刊紙「正論」編集長の田北真樹子氏と、明治天皇の玄孫である竹田恒泰氏のご登場です。


【本日の話題一覧】
00:00:00 準備画面
00:04:18 番組開始
00:11:04 菅首相 規制改革推進を指示/菅首相 携帯料金の下げ指示
00:45:38 英首相 日本がファイブアイズ加盟なら歓迎
01:01:54 タイで最大規模反政府集会 王室改革再要求
01:16:36 竹田恒泰さんコーナー「魁!竹田塾」
01:40:23 韓国「深い憂慮と遺憾」 安倍氏の靖国参拝
01:54:58 米がTikTok提携承認 オラクルが個人情報保護
01:58:59 中国系アプリ禁止差し止め 米地裁
                                 
                                      
            

小野リサ ライブ

2020/09/21
category - 音楽
コメント - 0
                         
                                 
                                      
            

南樺太・北方領土にまつわるソ連の悪逆非道

2020/09/21
category - 歴史編
コメント - 0
                         
終戦直前になって、日ソ中立条約を一方的に破って侵攻して来たソ連。
ソ連が崩壊してロシアになっておりますが、彼等の本質は変わっておりません。

満州や北朝鮮では日本人兵士をシベリヤへ長年に渡って抑留し、日本本土へ引き上げる婦女子に襲い掛かって暴行・強姦・殺戮を欲しいままにした鬼畜ぶりでした。

今回の動画では、南樺太(サハリン)や千島列島など、当時の我が領土に不法侵攻して来たソ連軍の悪逆非道ぶりを取り上げてみたいと思います。

今や世代替わりをしてしまっておりますので、是非、若い皆さんに本当の真実をしっかり知っておいて頂きたいのです。

                                 
                                      
            

GHQの検閲を担当した日本人の告白

2020/09/21
category - 歴史編
コメント - 0
                         
敗戦を受け入れた我が国を占領・統治したGHQ。
押し付けられた新憲法内の文言(もんごん)も空々しく思えるくらい、GHQによる言論操作や思想取締りは過酷を極めます。
そんな中で、妻子を養うためにGHQに協力した日本人の手記です。