FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

ひまじん

Author:ひまじん
京都祇園の舞妓はんに扮して政治を語る。近年は、元のオジサンに逆戻りしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

    
            

執拗な韓国からの嫌がらせ

2020/01/25
category - 政治編
コメント - 0
                         
相手が日本なら、もう、気が狂ったように嫌がらせをし、それで溜飲を下げるという韓国人。
そして、そういった勢力が韓国政府側だというのであるから始末が悪い。

【記事転載】

■韓国与党の捏造か “放射能汚染地図”の追跡取材にあきれた言い訳

1/24(金) 11:42配信
FNN.jpプライムオンライン


◎与党の制作 あまりにずさんな“日本放射能汚染地図”

怒りを禁じえないほどの衝撃だった。2019年9月、韓国の与党「共に民主党」の日本経済侵略対策特別委員会は福島第一原発事故による「日本放射能汚染地図」なるものを公開した。


地図は福島第一原発を中心に同心円状に汚染が広がっていて、そのエリア内に「宮城スタジアム」や「福島県営あづま球場」など東京オリンピックの競技会場5つが含まれているというのだ。そもそも地理的条件や気象条件を考慮すれば、汚染が同心円状に広がることはあり得ない。さらに地図に記載された各競技場の土壌から検出されたという放射性物質「セシウム137」の数値も異様なまでに高くなっている。そして与党側は会見でこのように主張した。

「様々なところで非常に危険だ。この地図を受けてわが政府、外務省はどれくらい(日本への)旅行が安全なのか、旅行する場合はどういうところに気を付けるべきか、検討してほしい」

文在寅政権を支える与党が、このような地図を発表して危険性を煽った背景には、東京オリンピックと放射能問題を結びつける事で、関係が悪化する日本への対抗措置として利用する狙いがあるのだろう。


◎地図発表を受けて、地元自治体は「不快感」

こうした事態を受けて、宮城県の村井嘉浩知事は翌月の会見で、実際に「宮城スタジアム」の空間放射線率を測定したと発表。国が定める除染が必要な基準が毎時0.23マイクロシーベルトであるのに対して、基準を大きく下回る0.04マイクロシーベルトだったと明らかにした。その上で「いたずらに科学的根拠に基づかない数字を公表することは差し控えていただきたい」と不快感を示した。

さらに宮城スタジアムがある利府町が行った町内23カ所の土壌調査の結果でも、放射性物質の数値は全ての地点で、国が作付け制限としても定める基準値を大幅に下回った。科学的根拠に基づかないあまりにずさんと言える「放射能汚染地図」だが、制作した与党は土壌の汚染調査などを行っている日本の市民団体「みんなのデータサイト」(福島市)のデータを元にしたと主張した。


◎市民団体は与党に「抗議」・・・しかし「無視」を貫く

与党が地図を発表した翌日、会見で突如、名前を出された「みんなのデータサイト」側はHP上で「事前に与党から連絡・確認がなかった」と明らかにした上で「合致する数値を見つけることはできなかった」と発表。与党に事実確認を求める申し入れ書を提出した。「みんなのデータサイト」の主張を踏まえると、与党は地図自体を捏造した可能性が出てくる。

しかし申し入れ書が提出された後も与党側は一向に反応を示さなかったため、真偽を確認するためFNNでは会見の翌月、地図を発表した与党「共に民主党」のチェ・ジェソン議員(地図を発表した日本経済侵略対策特別委員会の委員長)に取材を申し込んだ。電話取材のみでも構わないと要請したが、返答は「国会期間中で忙しい」の一点張り。取材に応じる気配はなく「無視」を決め込んだ形だった。与党は現在までに「みんなのデータサイト」側に対しても返答をしていない。(2020年1月22日時点)


◎ようやく取材に回答・・・しかし“あきれる言い訳”

年が明けた2020年1月7日、FNNでは改めてチェ・ジェソン議員側に地図の真偽について取材を申し込んだところ、以下の回答があった。その内容は驚くものだった。

チェ・ジェソン国会議員室(1月7日取材時):
『データ発表(地図)は誤っていない。「みんなのデータサイト」の資料だけでなく様々なデータを総合的に反映したものだった。「みんなのデータサイト」が問題にしたのは「(自分たちは)汚染をポイントで表現したが(与党が発表した地図は)汚染を面で表現している」という点だった。私どもは最も高い数値を面で表現したのだ。データを見る上で視覚の差があった。訂正や謝罪の措置は何もしていない』

つまり「地図は誤っていない」と開き直った上で、「みんなのデータサイト」だけでなく、色々なデータを引用して組み合わせたら、あのような地図になったと主張したのだ。地図を発表した2019年9月の会見を改めて確認しても、「みんなのデータサイト」以外の引用元の言及はない。元データの曖昧さを自ら明かした事で、地図の信ぴょう性がさらに下がることは気にしていないようだ。「みんなのデータサイト」の申し入れ書には下記の記載がある。

「同心円状に汚染が広がっていると今回発表された地図は、我々のマップとまったく異なり、我々の情報から作成されたとなっていることは事実に反する。我々のマップは、あくまでも測定地点の汚染度を示すものであり、面的汚染には言及していない」(申し入れ書より一部抜粋)

「汚染」に関するチェ・ジェソン議員側の言及は、これを受けたものだとみられるが、当然ながら「みんなのデータサイト」は面的汚染だけを問題にしている訳ではない。元データの出所の開示や無断使用の経緯などを聞いている。チェ・ジェソン議員側の回答から「みんなのデータサイト」の申し入れ書に真摯に対応しない姿勢が明るみになった。結局、与党側は地図の根拠を曖昧にしたまま、自らの正当性だけを主張し、訂正や謝罪もせず、このまま時間が経つ中での“既成事実化”を狙っているとしか思えない。


◎放置すれば国際社会に拡散の恐れ

現在、韓国内ではこの放射能汚染地図のほかにも、韓国の民間団体がソウル中心部の在韓日本大使館の建設予定地に「放射線防護服の聖火ランナー」のポスターを張り付けるなど、東京オリンピックと放射能問題を絡めた悪質なプロパガンダが続出している。

韓国メディアはこれらの問題を大々的に報じるが、発表内容を伝えるだけで、科学的見地から真偽を検証した社は私が確認する中ではない。このような悪質なプロパガンダを見過ごしてしまうと、いつの間にか既成事実となり、国際社会に拡散する恐れがある。特に今回の地図に関しては、民間の団体ではなく与党が発表したものであり、その責任や影響力はよりは大きい。このまま有耶無耶にすることは決して許されない。日本は毅然とした対応をとるべきだ。

最後に議員側に改めて「原発事故で苦しむ日本の被災者に対して何も思わないのか?」との質問を送ったが、一言「答えられない」と返ってきた。

【執筆:FNNソウル支局 川村尚徳】
【以上、ここまで】

いやはや、毎度のことながら、韓国人が全員、このような悪意の人たちではないにせよ、こういう悪意の勢力を黙認しているからには、消極的にせよ同調していると見做されても仕方がないのではないか?

22日に掲載させて頂いたブログ「中韓を知りすぎた男」氏の記事を再度ご覧頂ければと思う。

我が国が嫌いであるのならば無視してオリンピックも参加しなければよい。
ところが韓国は、無視ではなくて積極的に嫌がらせ行為をし、オリンピックも参加して妨害行動を採ろうとしている。

我が国が控えめな嫌韓行動をしているのに対して、彼らは積極的な反日行動をしているのである。
いわば、武器を使用しない戦争を仕掛けているのである。

歴史を捏造し、反日教育で自国民を洗脳し、条約を平然と反故にし、国際社会に我が国の悪口を言いふらす。
これだけ性悪な連中もないのではないか?

戦後の今日までの甘い対応が今日の増長を招いたのである。
これからは、毅然とした対応で徹底的に甘やかさないことだ。
いわゆる、「教えない」「助けない」「関わらない」の3原則に加え、我が国に対して少しでも不利益を与えるなら、即、強烈な報復を行うべきである。
スポンサーサイト



                                 
                                      
            

中国のコロナウイルス

2020/01/25
category - 社会編
コメント - 0
                         
まずは記事をば・・・。

■感染規模「SARSの10倍以上」…「すでに制御不能」との見解も

1/25(土) 7:10配信
読売新聞オンライン


 【上海=南部さやか】新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を阻止するため、中国湖北省武漢市が発動した事実上の封鎖措置は24日、2日目を迎えた。一部メディアやSNSなどから伝わってくる情報は、市内での肺炎の拡散が深刻な状況にあることを示唆している。

 2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)に対応したことで知られる香港大の管軼(グァンイー)教授は21~22日に武漢市で現地調査した後、中国のネットメディア「財新」の取材に対し、今回の肺炎の感染規模について「慎重に見積もってもSARSの10倍以上となる」との見解を示した。SARSでは中国で349人が死亡した。

 管氏は、市内の市場の衛生状態の劣悪さやマスクの着用を怠っている実態など、住民や政府の防疫意識の低さに驚き、「すでに制御不能だ」と判断して武漢を離れたという。また、封鎖措置を前に市を離れた多くの若者らが「ウイルスを全国各地に運んでいる」と警告し、14日間とされる潜伏期も踏まえ、今月25~26日の発症者増加に「注意すべきだ」と述べた。

 また、武漢大人民医院は24日、発熱やせきなど肺炎に典型的な症状を示さず、下痢などを訴えるだけだった45歳男性の感染が確認されたとの研究報告を公表した。報告は今回の肺炎の特異性を指摘しており、人民医院は「容易に誤診を起こし、さらに伝染を広げかねない」と警鐘を鳴らした。

 中国中央テレビによると、武漢市政府は2月3日までの完成を目指し、肺炎患者用にベッド数1000床の病院建設を始めた。

 中国のSNS「微信(ウィーチャット)」などでは武漢発として、病院で男性が突然倒れ伏したり、街中をおびただしい数の救急車が走ったりする場面を伝える動画が拡散している。

 ただ、単身赴任で市内に住む邦人男性の一人は24日、自宅で本紙の電話取材に応じ、「デマ情報が無数にある。実際に市内で何が起きているのか知るのは難しい」と語った。男性は市内の邦人仲間とSNSで情報交換しているが、情報が不足しているという。

 武漢市では、約500人の邦人の多くが足止めされているとみられ、この男性も24日に予定していた一時帰国を諦めた。
【以上、ここまで】

今や我が国でも、中国人観光客2名がコロナウイルスの疑いで経過観察中である。
これから始まる春節になれば大量の旅行客が中国からやって来るはずであるからして、政府与党の決断が難しい。

観光収入を図り、習近平国家主席の国賓訪問を実現するという前向きな対応に対し、我が国民の健康への配慮から全面渡航禁止にし、更には国民感情に配慮して習氏の来日を中止にするという対応を採るのか。

ワタクシの個人的意見を申しあげるのならば後者を選択すべきだと思う。

さて、皆さんはどちらを支持しますか?
                                 
                                      
            

バングラデシュの屋台めし

2020/01/25
category - グルメ編
コメント - 0
                         
インドの東に接するバングラデシュですが、人口密度が大きいことで有名ですね。
さて、観光客があまり立ち寄らないこの国で屋台めしを食するという動画です。


                                 
                                      
            

プロボクシング 井上尚弥選手

2020/01/24
category - その他
コメント - 0
                         
我が国に、こんなにも強い選手が居たのには驚いた。






                                 
                                      
            

虎ノ門ニュース  1月24日(金)

2020/01/24
category - 政治編
コメント - 0